塚越寛氏について -稲盛和夫氏との比較-

 

「いい会社をつくりましょう」「リストラなしの年輪経営」などの著書を通して、伊那食品工業の塚越寛氏の経営論に触れた人は少なくないと思います。

表面的に見るとスピリチュアリズムに立脚する稲盛経営哲学に似ていますが、その内実はかなり異なり、塚越氏の経営論は功利主義に立脚している、というのが私の見立てです。

そのあたりを塚越氏の「いい会社をつくりましょう」と稲盛氏の「京セラフィロソフィ」を比較しながら、整理してみます。

 

****

1)人生の目的について

人生を楽しむこと、幸福に暮らすことが最も大切だという考えも、いくつもの国の人たちから身をもって教えてもらったことです。日本では見失われがちな「人生の真の目的」を確かめることができました。 

人間の営みはすべて、自分たちの生活の向上のためになされるものです。

「事務所なんて質素でいい」とは、私は思いません。みんなが一生懸命に働いた「勲章」「ご褒美」として、快適なオフィスができたり、工場の環境が整備されたりすると、当然みんなは幸せです。  

文化面での社会貢献を志す経営者の持続的な行動があれば、その会社は本当に「たくましい会社」になれるのだと思います。なぜなら、社員も地域社会も、その会社の営みによって幸福感を増すことができます。幸福感は人間が生きる目的なのですから。

塚越氏の原点は「人間は一生を楽しく快適にすごすために生きている」という人生観にあります。これは、彼が青年期の3年間、結核で病に臥せっていた経験から得た確信であると、さまざまなところで語っています。

稲盛氏が京セラフィロソフィで語る、次の「人生の目的」と比較するとその違いは歴然です。

人生の目的はどこにあるのでしょうか、もっとも根源的ともいえるその問いかけに、私はやはり真正面から、それは心を高めること、魂を磨くことにあると答えたいのです。

 稲盛氏が、究極的な価値をスピリチュアルな次元におき、この世はそのための修行の場だと考えているのに対し、塚越氏は世俗主義者です。

 

****

2)企業の成長について

成長の限界」ということをいつも念頭に置いています。パイの限界に至るまでの時間を長くするために、成長を限りなく抑えて、低成長で行くべきだと考え、実行してきました。いつでも適正な成長度を見極めながら進むことが、企業永続の原点だと思います。  

歴史が教えているにもかかわらず、急で無理な成長の結末として、社員や仕入先、納入先を路頭に迷わせ、工場閉鎖などによって地域社会に迷惑をかけている経営者があとをたちません。末広がりの成長をつづけて永続するためには、急成長はマイナスなのです。成長は必ずしも善ではありません。  

大切なのは、その会社にとっての「最適成長率」を見極めることです。会社の業種や規模、歴史や時代背景、マーケットの変化をはじめ、地球環境、関わる人々の幸せ、人に迷惑をかけないことといった視点まで含めて、総合的に判断して決める必要があります。それが経営者の仕事であり、この決める力が経営力です。 

 

塚越氏は、繰り返し「急成長」の弊害を解き、成熟社会においては「低成長」こそが社員をはじめとした会社に関わる人々の幸せにつながることを強調します。

これはかなり過激な考え方で、少なくとも上場企業においては経営者がこのような考え方を公言しにくい風潮は、確実にあります。

非上場企業においても「低成長が望ましい」と自信を持って言い切るのは難しい。「常に限界までアクセルを踏んで、ようやく雇用を維持し、利益を確保することができる。気を抜いたら競争から脱落してしまう」という不安を、ほとんどの経営者は持っているのではないでしょうか。

伊那食品工業は寒天の国内最大手メーカーであって、ニッチな市場でリーダーシップを取り十分な利益を上げ続けているからこそ、こういう余裕のある発言ができる…というのは、一面の事実です。しかし、業界トップの会社であっても、このような考え方をする経営者はほとんどいません。

マーケットの状況や自社のポジションを鑑みて「最適成長率」を考える…という発想自体が、そもそもないのです。

一方で、稲盛氏の成長について、こう考えています。

「今に京セラをこの原町一の会社にするのだ。原町一になったら次は中京区一に、中京区一になったら京都一に、京都一になったら今度は日本一にする。そして、日本一になったら次は世界一だ」。

今はちっぽけな会社にすぎないが、京セラをいつかは世界の京セラに、という自らの夢を繰り返し語ったのです。

高い目標を設定する人には大きな成功が得られ、低い目標しか持たない人にはそれなりの結果しか得られません。自ら大きな目標を設定すれば、そこに向かってエネルギーを集中させることができ、それが成功の鍵となるのです。

常に高い成長を目指し続けることが企業の原動力であり、成功のカギである。これが稲盛氏の考え方です。いまの日本ではむしろこちらが標準的な考え方で、塚越氏の思想を現実に貫くのは、相当に勇気いることだと思います。

 

****

3)人類の進歩について

人の世は、現実との妥協をしながら、少しずつ、ゆっくりと、理想に向かって歩んでいくものだと思います。災害に強く、もちろん戦争などなく、豊かで、毎日温かく幸せに暮らせる社会。世の中の誰もが願っている社会。こうした理想的な姿に向かってまっすぐと進む線を、私は「進歩軸」と読んでいます。永遠に変わることのない方向です。 

文明は後戻りしない。文明の利器は他社より早くフルに活用すること。  

塚越氏は「人類の進歩」という考えかたをします。人間社会は、誰もが楽しく幸せに暮らせる理想社会に一歩一歩近づいており、その進歩軸に沿った経営が「正しい経営」だと考えます。

そして、高度成長を経て、日本においてはすでに物質的な豊かさは満たされているのだから、企業は和やかな人間関係や文化的な豊かさを社員に提供するべきだ、それこそが人類の進歩軸に沿った企業の在り方だ、と説きます。

一方で、稲盛氏の経営哲学は非歴史的です。「人類の進歩」いう考え方をそもそもとりません。稲盛氏にとっては「いまここ」がすべてです。

ものごとの結果は、心に何を描くかによって決まります。「どうしても成功したい」と心に思い描けば成功しますし、「できないかもしれない、失敗するかもしれない」という思いが心を占めると失敗してしまうのです。

心が呼ばないものが自分に近づいてくることはないのであり、現在の自分の周囲に起こっているすべての現象は、自分の心の反映でしかありません。

「思い」は必ず実現します。物事を成功に導こうとするなら、強い「思い」を持たなければなりません。
ただ思うだけでも、「思い」は私たちの人生を作っていきますが、それが潜在意識にまで入っていくような思い方をすれば、その「思い」はもっと実現に近づいていきます。  

いまここの「こころの在り方」にすべてを還元していく、まさしくスピリチュアルな構えが稲盛経営哲学の基礎にあります。

 

****

4)共同体について

経営者が自分のことばで、みんなの幸福という真の目的への思いをもって、経営理念や方針、夢を熱く語ることが大切です。「確かに社長の言うとおりだ、みんなで働こう」という気持ちで、社員がまとまってくれれば強力です。社員は陰日向なく働いてくれるようになります。  

「理念の金太郎飴」をめざしたいものです。みんなが進むべき方向、理念を共有していることが必要です。山にたとえれば、「あそこに登ろう」という明確な一点です。根底の理念は同じで、手段は個性的であれ、ということです。

社員はみんな、運命共同体です。頑張っていることや、能力があることは、見ていればおよそわかります。しかしそれも、その人一人でできているわけではありません。仲間がいてこそ達成できる仕事であり、成果です。   

いまの若い世代が本当にほしいのは、和やかな人間関係のなかで自由にのびのびと、自主的に働ける快適な職場環境です。成果主義や効率主義のもとで評価される、管理されたギスギスした関係の中で働きたいとは願っていないのです。 

塚越氏は、企業をひとつの価値観を共有した「運命共同体」として捉え、社員が同じ気持ちでまとまり、成果を分かち合う在り方を良しとします。

以下に見るように、この次元においては、稲盛氏もほとんど同じ考え方をしています。

自分と一心同体になって仕事をしてくれる「パートナー」-ともに経営の責任を負う共同経営者として従業員を迎え入れることが必要です。

人間にはそれぞれさまざまな考え方があります。もし社員一人一人がバラバラな考え方にしたがって行動しだしたらどうなるでしょうか。
それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。全員の力が同じ方向に結集したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。1+1が5にも10にもなるのです。

 

もっとも、これまでの比較で明らかになった通り、その共同体の目指すところは相当に異なります。塚越氏が目指すのは「人類の進歩軸に沿った、楽しく快適な人生と低成長」であるのに対し、稲盛氏が目指すのは「正しく強い思いを抱いて、高い成長を目指し続け、魂を磨く」ことです。

 

****

塚越氏と稲盛氏の経営思想は相当に異なります。

「人間は一生を楽しく快適にすごすために生きている」という塚越氏の思想は、個人の自己決定に至上の価値を置く、個人主義的なリバタリアニズムに短絡する可能性を秘めています。

彼の経営がそうなっていないのは「人間が楽しく快適にすごすためには、和やかな人間関係で彩られた共同体を必要としている」という人間観があるからです。

この人間観は、人間が「みんなが少しずつ譲り合うことで、みんながよくなる」という社会的ジレンマ状況に常におかれている以上、いまも将来も変わらないであろう人間社会の現実だと思います。

この現実認識があるからこそ、企業がパターナリスティックに社員に教育することが正当化されます。

しかし、その介入や教育はあくまでも手段ですから、常に「みんなが楽しく快適にすごすために役になっているか」という目的に照らしてチェックされることは言うまでもありません。

また、企業という枠組みの中に実践を限定することで「この価値観に同意できない人は会社を辞める自由がある」という意味で、最低限の自己決定権も尊重できています。

自分の幸福、自分の仲間の幸福、人類全体の幸福・・・を究極の目的に置く塚越氏の経営思想は正しく功利主義であり、できうる限り大勢の人の同意と共感を取り付けることができる指針になっているように思います。